×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME >> 活動内容 >> 4才児グループ

4才児グループ

4才児グループの生い立ち

全国友の会が、1938年に”幼児の生活と教育展”を全国に発表してから70年余りになります。その時の提案

『幼児期の教育の本拠は各々の家庭にある。 保育の責任はどこまでも両親にある。それを補い積極的に助けるために、 週1回子供たちが集合し生活する。』

に応えて、自由学園幼児生活団の指導・連絡のもとに、1962年(昭和37年)4月宇都宮友の会の「幼児グループ」として発足し、2001年「4才児グループ」と名称を変更、現在に至っております。

幼児期の教育は、生活の中にあります

幼児教育ということがいろいろ取り上げられていますが、 本当の教育とは、どのようにお考えでしょうか?
幼児期の教育は、生活の中にあると考えます。幼い時に生活の中から学びとられたものが、 成長の上に、どんなに大きな力になっているかと思うとき、 『生活即ち教育』であることを思わずには居られません。 このためには何よりお母様自身のよい生活を目指す強い意志が必要です。

  • 同じ年の子ども達が、週一回集まり、楽しく団体生活をします。
  • お友達と一緒に、よい生活習慣を身につけ、心と体が育ちます。
  • 自我の芽生える4才の時期に、心身の自立をめざします。
  • 子どもに与えられた力を信じて、家庭と協力してよい成長を見守っていきます。

みんなでいっしょに、おうちでいっしょに

週に一度同じ年齢の子ども達が集まって、9時半から2時半ころまで指導者と一緒に真剣に励み合いの生活をします。 集合日以外は家庭で、グループで経験したこと、約束したこと、励んできたことをゆっくり心に繰り返して実行する大切な時です。 そこに、ご両親のよい助けが必要になります。
集合日の様子は、その日のうちに、連絡帳に記録してお渡しし、家庭での様子も指導者に知らせていただき、連絡を取り合っています。
内容は、生活講習、飼育、美術、音楽、工作など。楽しく1日を過ごします。

集合日は、夏休み、冬休みをのぞいて、毎週火曜日です。
(一学期:13回、二学期:14回、三学期:9会、計36回の予定)

4才児グループの活動

4才児グループでの子どもたちの一日

お母様の成長の場として

子どもがはげむことの手助けとなるよう、お母様方も集まって勉強しています。

4saiG_1
友の会では、衣、食、住、家計、子どものことなど、家庭を経営していくときにであう問題や経験を材料にして、様々の立場、年齢の人達と、交わりながら勉強しています。お母様自身の成長の場として、積極的に参加していただけたらと思います。